保護者の方へのお願い

大変恐縮ですが、以下に該当する方はご遠慮お願いいたします。
●お子様の今の英語の基礎不足や将来に向けた基礎力を作ること等を考えず、塾の知名度や設備等を重視される保護者の方。
●最初からお子様の能力以上の事を望まれる方
例)最初から限られた少ない時間で、まだ基礎の足りないお子様に対して、学校の成績や英検等を一度に何もかも要求される方。
中学1年生でまだ単熟語も読めないにも拘わらず、周りで英検上級を所持しているお友達が多くいるからと言って、うちの子もと英検を急いで取得すうことを望まれる保護者の方等
●お子様には単語熟語の暗記のための自宅学習が必要になります。塾のみの学習では限界がありますのでその旨を理解いただけない保護者の方。
●入塾後に毎回忘れ物をする等のお子様。(自分が今やりたい事のテキストやプリント、ノート、筆記用具などを持ってこない)
●保護者の方の焦りから、取り合えず塾に入れようという考えによって全くやる気がみられないお子様。

保護者の方へ————————
●ご自身のお子様の現実を知ってあげて下さい。保護者の方がお子様を過度に期待することによって、英検の不合格等がお子様の将来の英語へのモチベーションを無くし、取り返しがつかなくなってしまいます。実力が伴えば英検や他の資格試験も努力により付いてきますので、お子様のペースで見守ってあげてください。
●本人が「このままではいけない何とかしなければ」と少しでも自覚があるお子様は、本塾に入っていただくと分からなかった事が分かるようになり少しずつ
成績が上がる喜びに並行して、更に勉強するように好転していくお子様が数多くいます。
●お子様にとって良くないことは、いつも他人と比較し自分自身の現状を知らないで焦る場合です。今まで伸びるお子様と伸び悩むお子様はおおよそ共通してこのパターンに分かれます。